円滑に会議を進めるためにも、全国各地に支店がある企業や子会社を多数抱えている場合には、テレビ会議を導入したほうが時間を有効に活用でき、コスト削減にもつながります。毎週や月に1回など、様々な意見を交換し合う必要性があるとき、本社に各地から集まると出張費がかかる他、移動している間にできる仕事は限られてしまい、無駄な時間ができてしまう可能性もあります。しかし、テレビ会議であれば各々自社にいながら対応が可能になるので、あらゆる無駄が省けます。在宅で仕事を行わせている企業でも有効に活用できて、わざわざ出社させる必要がなくなります。

学校や学習塾そして通信教育、企業研修など会議以外でも利用が可能で、eラーニングなどは特に効果を発揮して、効率が良い学習を進めることができます。テレビ会議のシステムを導入するためには、システムの構築と回線の設置が必要となってきます。設備工事を引き受けてくれるのは事務機器を販売している業者だったり回線事業者、そして製品を作っているメーカーや販売店に依頼することができます。サービスの種類がいくつかあって、個人か法人の違いや使用する人数さらには設置台数などによっても価格が違ってくるので、導入前に価格の相談を行いベストなテレビ会議用のシステムを構築するべきです。

不具合などが起きた際に、すぐにサポートを受けることが可能であればなお良いです。見積もりでは設置する際の価格だけでなく、システムの管理や定期メンテナンスの実施費用も明示してもらうと良いです。