テレビ会議というものは遠隔地との会議を会社内にいるにもかかわらず実現するシステムです。テレビやプロジェクターなどのモニターに接続して使用することができます。映像を通しながら、それぞれの顔付きを感じ取れるので、大切な会議などで臨場感を伝達するのに効果が高い方法になります。何ヶ所もの拠点を結び付けて並行して話すことも実践できるので、異なる拠点にいながらも複数名で意思疎通をはかることが可能です。

まず、テレビによる会議を活用することの最も大きな目的として取りあげられるのが、コスト削減です。社内にいるにもかかわらず会議が望めるため、出張に必要な交通費や人件費といったコストを抑止することができます。さらには、移動の時間を縮減できるため、時間を効果的に用いられるのも醍醐味です。コスト削減ばかりに注目しがちですが、もう一つの側面として情報の受け渡しの改善があげられます。

過去電話だけを用いてコミュニケーションを取っていた担当者と顔を見合わせて連絡するようになってから心理的な近さを感じ、コミュニケーションの頻度が高まったり、社長とテレビ会議で社員が意見を交わし、モチベーションが上昇した等テレビ会議を活用することでコミュニケーションが取りやすく、さらには頻繁になることにより仕事の効率が上昇することができます。そしてテレビ会議を活用することによって、ペーパー資料の出費が抑えることが可能な上、CO2削減でエコ対策としても役立ちます。災害では万が一の事がおこった時でもテレビ会議で指令を行い事業継続でき、地震といった災害が生じても、コンタクトをとることができるため即座に取り組みができます。