テレビを見ていると、必ずと言っていいほどサプリメントのコマーシャルを見かけることでしょう。実際に愛用してます、高い効果を感じましたという経験者のコメントと同時に、商品案内がなされます。この宣伝はインサイドセールスと業界で呼ばれており、今では日本のセールス業界では一般的となりました。ここではインサイドセールスの歴史と効果について見ていきましょう。

インサイドセールスが登場したのは、1970年代のアメリカです。日本よりも先に通信販売が普及をしており、専用のテレビ番組も数多く放送されていました。一般視聴者が販売されている商品を実際に試して見せて、その効果を視聴者に届けるというものです。国内では1990年代後半から普及をしはじめ、化粧品や健康食品がおもな対象です。

インサイドセールスで得られる効果は、自身が望んでいる結果を他者も経験しているというものでしょう。人間には同調心理というものがあり、誰かがその結果を得ていることで大きな安心感を得られるわけです。健康食品や化粧品でインサイドセールスをすれば、高い意識反応を得られるため大きな宣伝効果を発揮するということになります。これからのマーケットでは特に重要な位置付けとなるので、洋服や家電といったアイテムのコマーシャルでも多用されていく見通しです。

なお。あまりにも誇張し過ぎた言葉などは使用できないので、この点は注意をしないといけない事項となっています。