インサイドセールスとは、社内で仕事をする営業担当者というような意味合いになります。普通、営業担当者といえば顧客あるいはその候補となるような人のもとに出向いて商談をするのが主な仕事であり、つまり社外にいるのが当然の姿と思われています。いつもオフィス内にいる営業担当者というのは何かおかしいというか、仕事をしていない人、仕事のできない人の代名詞とされることさえあるかもしれません。ですが、いくら営業担当者と言っても100%全ての時間を顧客との折衝に充てているはずはありません。

次はどの顧客にアプローチするか、その顧客はどんな人で、何を求めていそうなのかといった事前準備は言うまでもなく必要であり、そのためにはオフィス内での業務もあります。インサイドセールスの必要性というか意味合いはまさにこの点と関係しています。営業担当者が高いパフォーマンスを発揮するためには、社内での事前準備が不可欠ですが、それをしっかりと支援するための存在がインサイドセールスだということもできます。別の切り口で見ると、本当に急いで営業担当者がアプローチすべき重要な相手先と、購入に至る可能性はあまり高くないのでアプローチの優先順位としては低い相手先とを区別するような仕事もしたりします。

今では潜在的な顧客情報はいろいろなルートで入ってきますが、その中には一種の冷やかしというか、営業活動を即座に行ってもあまり意味のない人も含まれているかもしれないからです。