効率的なインサイドセールスの実施に欠かすことができないのが、「MA(MarketingAutomation)」ツールの導入です。なお、このMAというのはその名の通りマーケティング活動を自動化することを意味する言葉です。そして、インサイドセールスにあたっては膨大な量の顧客情報の収集や管理、分析、さらには顧客のスコアリングのほか電話やメール、SNSなどを通して顧客とどのようなコミュニケーションを行ったか、また顧客の興味レベルに合った継続した情報発信が必須となります。ただ、企業の規模にもよりますが、数千あるいは数万人の顧客に対してこれらすべて手業で行うことは物理的に不可能です。

一方で、MAツールさえ導入すれば、それら多くを自動化することができます。そのため、効率の良い営業活動を実現でき、成約数の増加や収益の向上を見込めます。なお、インサイドセールスにあたって欠かすことができないMAツールは、顧客情報を収集し蓄積したデータベースづくりや見込み顧客の実名化からロイヤル顧客にいたるまでの施策の自動化、さらには営業マーケティング背作の分析などの役割を担ってくれるのが一般的です。そして、それら役割を支えるためにさまざまな機能を有しています。

具体的な機能は使うMAツールによって詳細が異なりますが、リード情報の管理機能やリードのスコアリング機能、さらにはメールマーケティングやキャンペーン管理などが行なえることが多いです。