営業という仕事は、ただ単に外回りをして仕事を取ってきたり、商品を売ってきたり契約を結んできたりするだけではありません。例えば、その前段階として顧客リストを作成し顧客の管理をする必要があります。また、既存の顧客に対して現在あるいは過去の売り上げがどうなっているのかの管理も必要です。また、契約を結ぶあるいは商品を販売するにしても、見積もりを作成したり請求書を発行したりしなければなりません。

このように、一口に営業業務と言っても、それに伴う事務作業は実に様々あります。営業担当者はこのように実に様々な業務を同時にこなさなければいけないため、本来の営業業務に集中できず成果があまり出ないというケースが多々あるのが現状です。では、このようなデメリットを解消するにはどうしたらいいのでしょうか。その一つが、営業支援システムを導入することです。

営業支援システムを導入することによって、実に様々なメリットが発生します。メリットの一つは、営業活動履歴を可視化できることです。可視化することによって、顧客管理が一元化されます。このことによって、顧客の社名や所在地、電話番号や担当者といった情報を管理できるようになり、複数の営業担当者が同じ顧客に対し重複して営業をかけるといった無駄を省くことができます。

二つ目のメリットとして、スケジュール管理をすることができることです。担当者同士でお互いのスケジュールを把握することができますので、連携して営業活動をすることができるようになるのです。このように営業支援システムを導入することで、様々なメリットが生じるのです。営業支援のことならこちら