企業全体の利益向上のためには、優秀な営業スタッフのノウハウを共有することが大切です。営業には向き不向きがあるので、人によって差が出るのは当然です。しかし営業が得意な人の真似をすることで、営業が苦手な人であってもある程度のスキルアップが見込めます。営業支援を考えるうえでは、常に企業全体の利益を重視する必要があります。

営業成績をデータ化できれば、営業のムダが見えてくるでしょう。どのような時間に営業をすれば効率がよいのか、どういったアプローチをすれば結果につながりやすいか、などを自社データとして構築していきます。社内でデータの活用ができれば、全体的な売り上げアップは難しくありません。過剰なノルマを課すのは得策ではなく、これは士気低下の原因になるからです。

頑張れば達成できそうな目標を設定するのはよいですが、過剰なノルマは逆効果になります。営業支援で大切なのは、営業スタッフのやる気を向上させることです。階段を上るようなイメージで段階的にスキルアップをしていく状況が理想です。営業支援の専用ツールを活用すれば、営業活動を最適化できるでしょう。

ツールを選択するときは、操作性がよくてわかりやすいタイプを選択してください。サポート制度も重要なポイントになるので、複数の営業支援ツールを比較しておく必要があります。もちろん営業支援専門のコンサルティング会社を利用するのも手ですが、費用対効果については十分に精査しておくことが大切です。