飲料メーカーを例にするなら、大手に負けないほど味に自信があっても、知名度が低いという理由で売り上げが思うように上がらない中小企業は多いでしょう。営業は広告宣伝としての側面もあるため、売れる商品づくりのためには営業支援が必須となります。これは営業をサポートする手法のことで、さまざまな方法が確立されています。営業支援の最大の目的は、今現在における問題点を見つけていくことです。

漠然と行っている営業活動は、非効率な方法である可能性があります。同様の時間を営業に費やすのであれば、効率的な方法のほうが費用対効果は上がるでしょう。そのためには非効率な方法に気づくことがポイントです。例えば、営業のプロからアドバイスをもらうだけで、現状の問題点が即座に見えてきたりします。

営業では新規開拓が欠かせず、それはリピート客が途中で購入をやめてしまうケースがあるからです。他社の商品に乗り換える人もいるので、何もしなければ顧客は減少していきます。それを見越したうえで、新規開拓をする必要があります。新規開拓を活性化させるためには、既存の顧客の対応にかける時間を効率化させる必要があるでしょう。

既存顧客に時間を消費しすぎるあまり、新規開拓ができないようでは困ります。営業支援では顧客リスクを用意するなどして、ムダを取り除いていく工夫が必要です。営業支援を効率化できれば、限られた勤務時間で最大限の営業成績を出せるようになります。